オペア留学とは?

留学方法としては、よく聞くインターンシップ留学やワーホリ留学に近い留学方法で、
アメリカで合法的に働きながら最長2年間、滞在することができます。
オペア留学とは、アメリカの家庭に家族の一員として滞在(ホームステイ)し、その家庭の
子供のお世話をします。ベビーシッターとして働くことで、滞在費が無料になるほか、
ベビーシッターとしてのお小遣いをもらうことができます。
経済的に滞在できるだけでなく、ファミリーの一員として生活することで、アメリカの文化を身近に
体験することができ、ホームステイならではの温かい思い出を作ることができます。

留学期間

基本滞在期間:1年間
最長滞在期間:2年間(1年間のプログラムを完了した方のみ、引き続き6ヶ月、9ヶ月または12ヶ月間の延長が可能)

仕事内容

週45時間(10時間/1日)以内のチャイルドケア
子供に関する食事、掃除、洗濯、送迎等の家事全般

オペア期間中に与えられる権利/報酬

  • 週195.75ドルのお小遣い(プロフェッショナルオペアは週$225)
  • 国際航空券(成田空港発着、帰国分はプログラム終了者のみ)
  • 語学学校や大学等教育機関での学費年間上限$500
  • 年間10日間の有給休暇、毎週1日半の休日
  • ホストファミリー宅での個室、毎食
  • 大型疾病傷害保険(最高補償額500万ドル)
  • オペアプログラム終了後、最長30日間のアメリカ滞在

オペアプログラムの種類

WAPJでは、以下3種類のオペアプログラムをご用意しております。


Infant Care オペア
インファントケア オペア
Standard オペア
スタンダード オペア
Professional オペア
プロフェッショナル オペア
ケアする子供の年齢生後3か月から2歳
および 2歳から12歳
2歳から12歳生後3か月から2歳
および 2歳から12歳
お給料/週$195.75$195.75$225
労働時間(最長)/週45時間45時間45時間
学校での要取得単位6単位(約72時間) 6単位(約72時間)6単位(約72時間)
ホストからの学費補助上限 $500上限 $500上限 $500

※ 2歳児未満のお世話が出来るインファントケアの方、スタンダードオペアよりも需要があります。
※ インファントケアオペアとして応募した場合も、2歳以下の子供がいない家族とマッチングする可能性があります。

ビザの種類

アメリカにオペア留学するにあたり、ヨーロッパやオーストラリア等、他の国との決定的な違いは、ビザにあります。
他の国は、学生ビザでの就労が認められている、ワーキングホリデービザの取得が可能、
もしくはオペア専用ビザの発行が可能と就労に関してビザの規約が幅広い事に対し、アメリカでのオペアは、
J-1(交流訪問者)ビザのみで可能となっています。

J-1(交流訪問者)ビザとは?

J-1ビザは、米国政府に認められた交換プログラムに参加する場合に発行されるビザです。
交換プログラムはビジネス・研究など広範囲にわたりますが、オペアプログラムはそのうちの一つです。
このビザを取得するためには、DS-2019と呼ばれる書類が必要です。
このDS-2019は、米国政府公認のプログラム機関から、あなたが交流訪問者として認められた場合のみ発行されます。

J-1ビザを取得して合法的にオペアとしてアメリカに滞在するには、必ず米国政府が認可するプログラム機関に
登録する必要があります。現在のところ、現地のプログラム機関に直接登録をすることができず、
その機関が提携している日本のエージェンシーを通すことが必要となっています。
株式会社World Au Pair in JAPAN 日本オーペア情報センター(WAPJ)は、オペア International
およびオペア Foundationという米国政府認定のプログラム機関と提携し、
日本事務局の一つとしてオペアプログラムへ参加する方々のサポートを行っています。

>> PageTop